ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ271「同化」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

投稿日:2020年11月9日 更新日:2020年11月9日

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

変貌!!

副団長の真の力とは!?

週刊少年ジャンプ 2020年49号[2020年11月9日発売]

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ271「同化」あらすじ・ネタバレ

ナハト「アスタ 君が強くなるためにはその悪魔と同化して反魔法の力を100%引き出すしかない・・・!」

リーベ「・・・ぐ・・・!!」

アスタ「・・・」

アスタ「ん?あれ?リーベがいなくなっちまった!?」

リーベ「ココだココ」

アスタ「ん?」

ナハト「・・・従魔契約では主導権は完全に使役する側・・・つまり人間にある だからオレは悪魔同化を簡単に使いこなせる 君の今の状態は悪魔同化じゃない ただ悪魔の力が垂れ流れているだけだ」

アスタ「何かリーベもそんなこと言ってたな!?どうやったらオマエの本当の力使えるんだ!?」

リーベ「わからねー」

アスタ「えッ!!?」

リーベ「オレはオマエの体を手に入れて戦おうとしてたんだからな 外に出て戦うのも初めてだしだからオマエでも勝てたんだ」

アスタ「オマエ何もわかんねーじゃねーかァァァ!!あんなに偉そうだったのに!!」

リーベ「そもそもオマエがワケわからん契約結んだんだろーが!!オマエがどーにかしろ!!」

アスタ「オレもわからぁぁぁん」

ナハト「やはり 戦いの中で見出すしかないな 俺は悪魔同化することでそれぞれの悪魔の特性を影魔法に付与できる」

アスタ「ぐぉッ!!」

ガガ

アスタ「ぎッッ!!」(コイツら一人一人ナハト副団長と同じ氣を・・・!!)

ナハト「君は悪魔と対等な契約を結んだ 悪魔を使役しない君がその力を100%すんなり使いこなせないのも当然だ 君がその道を選んだんだ その力でオレに勝ってみせろ」

アスタ「ハイ・・・今ここで限界を超えます」

アスタ「『斬魔』オマエの名前は斬魔の刀だ・・・!!一緒にヤミ団長を迎えに行こう!!!今ここで限界を超えて!!!」

ナハト「・・・その言葉は嫌いだな」

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ271「同化」感想

同化・・・ナハトは悪魔と100%同化できますね。それに比べてアスタとリーベはデコボココンビみたいな感じで。次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ272「暗獄の狩場」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ270「二人」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す