ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ204「終焉の望み」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

思い起こされる

「伝説」と「復讐」の始まり・・・!

週刊少年ジャンプ 2019年24号[2018年5月13日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ204「終焉の望み」あらすじ・ネタバレ

 

 

”物を開け閉めするだけの”魔法には役に立たないと

貴族ながら奉公人として任官された私が

遣わされた先は王族の中でも傑出した才能と魔力を持つ異端の王子だった

ネロ(・・・どんな偉そうな人だろうか・・・)

王子「やぁいらっしゃい君がセクレだね ごめんね今 古代の魔法の研究中だからこのままで ところで君って何魔法??」

 

 

王子「どう役立ってもらおうかな!考えただけでわくわくするね!」

セクレ「鍵の開け閉めの魔法なんて・・・下品です・・・」

王子「そんなことないさ!君の可能性まで閉ざしちゃいけないよ」

セクレ「・・・上手いこと言ったみたいな顔しないで下さい」

王子「えっっ!?」

セクレ「あとその服 変です」

王子「えええっっ!!?僕がつくったのさカッコイイでしょ!?今 僕は魔法の道具をつくってるんだ 君の魔法は絶対 役に立つよ!他に魔力を込めたりもできる?」

セクレ「・・・え・・・はい・・・」

魔道具の発明

魔力や魔法属性に恵まれない人もいろんな魔法を使えるように

より平等な社会の為に

 

 

セクレ「・・・」(近頃 王子は頻繁に妹のテティア様と隠れて外出している 一体どこに・・・)

 

 

セクレ(マナに恵まれた異種族・・・!!)

とてつもない魔力と才能

同じ思想と理想

同じ四つ葉のグリモワール

エルフの長リヒトは王子に初めて出来た対等な友人だった

魔力を込め分け与える魔道具に

異界と繋がり魔法を増幅させるエルフの魔石

 

 

でも 恐らく既にこの時には

ヤツの掌の上だった

王子(父上はなぜ今日 僕を・・・式のことは誰にも言ってないから偶然・・・早く二人の死期に向かわないと・・・!・・・?誰もいない・・・?)

???「『誡めなさい』」

 

 

大臣「ホッホッホッ・・・」

王子「・・・!!」

大臣「御機嫌よう王子・・・!」

王子「大臣・・・!?いや・・・何者だ・・・!!?」

内に感じるこの邪悪なマナは・・・大臣の者ではない・・・!?

悪魔「・・・ンッンッンッ・・・何者・・・」

 

 

王子「・・・!!」

邪悪なマナの魂・・・文献にあった・・・

別の世界の存在・・・悪魔・・・!!?

悪魔「父上達は・・・!?さぁ・・・?王国の姫君に・・・ひいては国に害なす異種族を滅ぼしにでも行っているのでは・・・?」

王子「・・・!!?」

悪魔「エルフ達は驚くでしょうねぇ アナタ以外知らない秘密の式場に人間の暴力と欲望が押し寄せるのだから」

王子「・・・なんだって・・・!!」

 

 

悪魔「まぁ それなりの準備をしましたからアナタでも簡単には解けませんがね グリモワールと肉体が手に入ったらまた相手をしてあげますよ・・・!ンッンッンッン」

王子「待てー!!誰か・・・!!誰かいないかー!?」

セクレ「王子!!」

王子「セクレ!!」

セクレ「これは・・・!!やはり王子ではなかうたんですね・・・!!私達がつくっていたあの魔道具がなくなっているんです!!」

王子「・・・!!この拘束を解いてくれ!!君の封緘魔法ならできる!!

セクレ「・・・!!封緘魔法 逆解」

 

 

テティア・・・!!

リヒト・・・!!

みんな・・・!!

王子「・・・!!僕らがつくった魔道具が・・・!!」

 

 

五つ葉の・・・グリモワール・・・!!

リヒト「・・・やはり・・・やはり・・・君では・・・なかったんだな・・・」

悪魔(心が持ち直した・・・!?)

リヒト「すまない・・・一瞬だけ・・・君を疑ったことを許してくれ・・・」

悪魔「無駄な足掻きを・・・さぁ体を明け渡しなさい・・・!」

リヒト「私達の信じた未来の・・・君は希望だ・・・私は今・・・恐ろしい負のマナに満たされいる・・・もう自由が・・・利かないんだ・・・このままでは悪魔に・・・!邪な存在に魔法と体を明け渡さぬ為に・・・負の魔力を更にこの身に・・・」

悪魔「魔石・・・!最上級禁術魔法で肉体を・・・!?」

リヒト「すまない・・・私の最後の頼みだ・・・」

王子「やめるんだリヒトー」

リヒト「これを叶えられるのは君しかいない・・・」

 

 

英雄と魔神、刻まれる悲痛な伝説

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ204「終焉の望み」感想

終焉の望み・・・ネロの正体はセクレという女の子でしたね。王子ルミエルとリヒトの関係もわかりました。そして悪魔の存在も出てきましたね。エルフとの成行もわかりました。次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ205「500年の真実」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ203「今 封を切る時」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す