目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

スポンサーリンク



魔道手引きー地の書ー

四つの大国が牽制しあう群雄割拠の魔法世界

クローバー王国の周囲には、ほぼ同等の規模の国家が三つ存在する。スペード王国、ハート王国、ダイヤモンド王国である。いずれも魔法を文化の軸に据えた国家であり、それぞれが対立または友好条約を結び、国境近辺では様々な駆け引きや争いが繰り返されている。

 

 

突如出現するダンジョンに隠された宝物は国家の大きな資産になる為、国境近辺に出現すると争奪戦が勃発する・・・!!

 

スポンサーリンク



「ブラッククローバー」ワールドマップ

クローバー王国

国王とは別に魔法帝が存在し、軍事を統括。騎士団を率いて侵略者を何度も撃退している。

スペード王国

冬の国、霧の国とも言われる軍事大国。四大国でも随一の広大な領土を保持している。

ハート王国

緑と水の国とも呼ばれる資源豊かな王国。クローバー王国とは友好関係を保っている。

ダイヤモンド王国

強大な軍事力を備える。緑が少なく鉱山や荒れ地が多く資源不足に苦しむ。

どこの国でも無い地域

国家間の争い事に干渉しない中立地帯。「魔女の森」などもここに含まれている。

 

スポンサーリンク



クローバー王国周辺マップ

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ7「獣」  
ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ10「とある日の城下町での出来事」

王宮うから離れるほど、平民下民の住む地域が増えていく。恵外界の住民が王貴界に入るのは稀だ。

 

スポンサーリンク



身分で居住地が定まるクローバー王国

クローバー王国では、出身地を言えばその者の身分が分かるようになっており、王貴界では王族や貴族が贅沢な暮らしをし、その周囲の平界には一般人が平凡な生活を営む。恵外界に至っては文化水準が低く、まともな教育すら受けられていない状況である。例え平界に出稼ぎに来ても、恵外界出身者は差別される事も多い・・・。

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ39「鏡の魔導士」

平界でも恵外界に近い場所は質素。両親を失った孤児を預かる教会も。

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ56「三つ葉の敬礼」

海岸沿いの町・ラクエは、一見リゾートだが、マナの影響を強く受けた強魔地帯に隣接している。

マナの影響が強い強魔地帯も・・・!!

スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!