目次ページはこちらをクリック!!

投稿日:2020年5月1日 更新日:2020年5月10日

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

スポンサーリンク



魔道手引きーマナの書ー

グリモワールの授与

魔道士の人生はそこから始まる

魔道士はグリモワールを開く事で、初めて高度な魔法を使えるようになる。弱い15の者達を集めて行われる「授与式」は、若き魔道士達の決意表明の場でもあり、魔法騎士も魔法帝も、全ての魔道士の人生はここから始まるのだ!!

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ1「少年の誓い」

一人一冊。世界に一つだけの自分のグリモワールが授与される・・・!!

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ1「少年の誓い」

グリモワール

 

スポンサーリンク



個性:持ち主の資質にあわせ様々な形状のグリモワールが誕生!!

グリモワールは一つとして全く同じものは無く、形・サイズ・厚さ・装飾など、様々な部分に持ち主の個性が現れる。また、グリモワールが破損する事はないが、無くしたり盗難にあっても代わりはない。一生涯付き合う物であるが故に、魔道士たるもの、グリモワールは常に携帯しておくべきである。

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ1「少年の誓い」

持ち主の適性により、グリモワールの形状は変化する。

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ1「少年の誓い」

ユノが手に入れた四つ葉のグリモワールは、初代魔法帝も授かった希少品だ!!

 

スポンサーリンク



進化:持ち主の成長と共にグリモワールは進化する!!

グリモワールとは魔道士の人生そのものである。持ち主が成長したり様々な事を経験するにつれ、グリモワールの白紙ページには新たな魔法が刻まれる。老獪な熟練魔道士のグリモワールは、ページの隅々まで多彩な魔法の記述でいっぱいだという。また、持ち主の魂とも呼応しており、持ち主が命を落とした際には、グリモワールもその役目を終え、崩れ落ちて跡形もなく消え去るのだ・・・!!

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ7「獣」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ7「獣」

逃げるワケにはいかないーノエルの覚悟がグリモワールを変化させ”海竜の巣”を会得する!!

 

スポンサーリンク



属性:四大元素のいずれかの「マナ」が魔道士たちに宿る

魔法の属性は無数に存在するが、その源流は四大元素と言われる属性であり、氷や泥などはその派生である。魔道士は生まれつき得意とする属性が備わっており、習得できる魔法も基本は一人一属性だ。

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ18「宝物殿 その奥」

高熱を利用した攻撃的な魔法が揃う!!

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ27「強くなれる」

時に攻撃 時に防御流動的に変化する

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ12「再会」

荒ぶる風を推進剤に高速移動&攻撃を実現

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ26「魔法乱舞」

大地の天然の盾と化し鉄壁の防御を誇る

 

派生する属性は無数に存在。各属性には相性があり、戦いの有利不利に影響する。

四大元素から様々な属性に派生!!

 

四大属性の魔法を劇的強化!幻の「精霊魔法」とは・・・!?

四大属性の魔法には、上位の精霊魔法が存在する。人や動物の姿を模した精霊と契約する必要があるが、威力は桁違い!!

風の精霊 シルフ

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ19「追憶の君」

ユノがダンジョンの深層で出会った精霊。風魔法を使うユノとの相性は抜群!

火の精霊 サラマンダー

「サードアイ」ファナが使役。主のマナの影響を受けて巨大化できる様だ!!

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ20「刹那」

シルフが息をふきかけただけでこの威力!!

 

スポンサーリンク



形態:同じ属性でも使用者によりその形態は変化する・・・!!

魔道士はマナを消費して、様々な形態の魔法を発動する。同じ属性の魔法でも、その形態により効果は様々であり、個々の資質により得意とする形態は決まっている事が多い。魔道士たちが二~三人組で行動するのは、各々の得意魔法で互いの弱点を補う為である。

 

創成魔法

魔法で物体を創り出し多彩な局面に対応する!!

武器や防具などの物体を魔法により生成する。創った物体は属性による効果を備える場合も。

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ14「仲間」

 

拘束魔法

相手の魔法を封じ拘束する手段!!

重要な情報を聞き出すなどの為に、相手を殺さず体の自由とマナを封じる。

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ9「少年の誓い 2」

 

回復魔法

傷つき倒れた者を戦場に復帰させる!!

上級魔法となると、本来は致命傷になる大けがも、立ちどころに治せる。任務中に負傷した仲間を治療し、生還率を上げるぞ!!

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ14「仲間」

 

さらなる変化を遂げた応用魔法も存在

 

呪詛魔法

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ3「魔法帝への道」

相手に呪いをかけて、体の自由を奪う!!

 

弱体魔法

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ13「ダイヤモンドの魔導士」

相手の身体能力を下げて、弱らせる魔法だ!!

 

強化魔法

自身の身体能力を高め、物理的戦闘力を上げる。

 

罠魔法

予め設置しておき、条件が満たされると発動。

 

力をあわせて威力絶大!究極の「複合魔法」!!

クローバー王国には、複数の魔道士が力を合わせて放つ、複合魔法が存在。難易度は高いが、その分効果は絶大だ!!

 

ラックとマグナが使った即席複合魔法。炎と雷が同時に敵を襲い爆発を起こす!!

 

魔法騎士団が一致団結して成功させた高速移動魔法だ!!

スポンサーリンク



マナ:魔法発動に使われる超常的エネルギーを活用!!

マナは魔法の発動に必要だが、それ以外にも活用法が存在する。それが「マナスキン」や「マナゾーン」などの技術である。魔法騎士団長などの熟練魔道士は大抵これらを心得ており、戦闘力が異常に高い。

 

磨き上げた基礎魔法の極致!「マナ」を纏い身を守る!!

マナスキン

魔力を常時身に纏い、身体能力を上げつつ周囲から身を守る。魔道士なら誰でも使う基礎技術だが、どんな悪環境や条件でも一糸乱れぬ魔力放出を行うのは至難の技だ。

 

ユノは団長達がマナスキンを使うのを見て、一瞬で模倣しマスターした。

 

漂う「マナ」を味方につけ空間を支配する!!

マナゾーン

マナスキンの上をいく、一帯のマナすらも支配する境地、それが「マナゾーン」だ。これを極めた者は、本来の自分以上の魔力放出をその領域内のどこからでも仕掛けられる!!感知能力もズバ抜けて高くなり反応も俊敏に!!さらには、空中ですら自在に動ける様になる・・・!!

 

まさに全方位攻撃!!どこから攻撃が来るのか、相手は予測が難しくなる!!

マナゾーンを極めた者のスピードは人間離れしており、相手は魔法を使う暇すら無い!!

マナゾーンを使えば、相手の背後からも魔法を発動する事が可能だ!!

 

「マナ」と似て非なるもの異国の「氣」の技術!!

ヤミが使う「氣」は、「マナ」の技術と通ずる所もあるが、根本的には別物。魔力を必要とせず、アスタにも実践可能。

 

ヤミの高い感知能力は、魔法と併用して氣を使ってる為だ。

 

アスタは氣の力を使って、ヴァルトスの攻撃を察知した。

スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!