魔法騎士団入団編

グリモワールを手に再び交わされる

幼き日の夢!!!

魔法帝を志す少年

二人のスタートライン!!

クローバー王国最強の魔道士・・・魔法帝を目指すアスタとユノ!!身分や魔力の差に囚われず、己の存在を証明すべく誓い合う!!

ハージ村で育った幼馴染の二人

教会に拾われ、同じ時間を過ごしてきたアスタとユノ。血の繋がりは無いが誰よりも深い絆で結ばれている。

同じ日に捨てられていた二人は、本当の兄弟の様に育った。

親友の二人は、やがて互いをライバルと認め合う!!

 

夢への一歩!!グリモワール授与!!

アスタは五つ葉、ユノは四つ葉。特別なグリモワールを手に、王国を守る新たな魔道士が誕生・・・!!

それぞれ特殊な力が秘められたグリモワール!!

 

友の言葉を胸に少年は諦めずに立ち上がる!!

グリモワールを奪われたユノを救う為、レプチに挑むも返り討ちに遭う。諦めかけるアスタだったが、友の言葉で気力を取り戻して、現れた五つ葉のグリモワールから反魔法の剣を手に再び立ち向かう!!

鎖魔法を操るレプチ。魔道士との初対戦に、二人は悪戦苦闘・・・!!

衝撃の事実に茫然とするアスタ。諦めない信念が挫けそうになる・・・。

ユノの言葉で奮起したアスタ!!見事レプチを撃破。

 

辿る『謎と伏線』の痕跡

伝説のグリモワールを授かったユノ

恵外界出身のユノが手に入れたのは、初代魔法帝・・・そして「白夜の魔眼」頭首リヒトと同じ四つ葉のグリモワール。もともと魔力が高く、天才的なセンスを持つユノだが、より強力な魔道士へと成長を遂げる事に。”幸運”に選ばれる為の特殊な条件があるのか・・・ユノと初代魔法帝。リヒトの共通点とは一体!?

クローバー王国を守った者と、復讐に駆られ滅亡を企む者と同じグリモワール。四つ葉が導くユノの未来は、どちらの道なのか・・・!?

反逆者がなぜ伝説のグリモワールに選ばれたのか・・・。

リヒトのグリモワールに刻まれた四つ葉!!

ユノが身につけているペンダント

誰から受け取ったのか不明だが、幼き頃よりユノが肌身離さず持っているペンダント。高価な持ち物が分不相応だと強盗に奪われそうになる。無事にアスタが取り返した。青く輝く宝石は何か不思議な力を秘めていそうだが・・・。

宝石に刻まれている紋様を見ると、リヒトが操る光魔法の剣が想起される・・・?