目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

魔城の最奥にて・・・

週刊少年ジャンプ 2019年20号[2018年4月15日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ201「影の王宮 最上階」あらすじ・ネタバレ

 

 

悪魔「ンッンッンッ アレですね 外への扉」

リヒト「・・・!!」

悪魔「魔神を生み出して魂が不安定になっているのに・・・よくぞそこまで・・・ンッンッンッン偉い偉い 頑張っている褒美をあげなければ・・・私がちゃんと殺してあげます・・・!!」

 

 

悪魔「『地の盾』『刃の嵐』『割れなさい』そして『縛りなさい』」

リヒト「・・・」

悪魔「魔法は吸収できるその剣も・・・物質とは相性がわるいでしょう」

 

 

悪魔「さよなら エルフの長」

 

 

悪魔「おや・・・セフィラの徒以外のエルフがいたんですね」

シャーロット「バヴァルが影の王宮に入って行くのを見て私も後を追った・・・その後 バヴァルが倒れているのを発見しおかしいと思っていたが・・・」

 

 

ヤミ「オイオイオーイ 悪魔ってオマエ・・・そんなのこの世に本当にいたの?とりあえず・・・顔色悪すぎんだろ」

でけぇ魔力の内 もう片方にはノゼルが向かったからな・・・

こっちに来てみりゃあ何だコイツの氣は・・・

悪魔「ンッンッン・・・」

コイツには悪意しかねぇ・・・!!

悪魔「次から次に・・・賑やかですねぇ」

シャーロット「人間・・・!こんなところまで邪魔しに来たのか・・・!」

 

 

ヤミ「いろいろ聞きてーこと言いてーことあるが・・・アイツ片付けんのが先じゃね・・・?あんなわかりやすいワルモノいねーだろ」

シャーロット「・・・フン・・・ついて来なければ見殺すからな」

ヤミ「極端なとこは似てんのなテメーこそ その体傷つけんじゃねーぞ・・・!!」

 

 

ヤミ「闇魔法”黒穴””闇纏・無明斬り”」

悪魔「『刃の嵐』」

シャーロットの魔法

悪魔「『枯れなさい』」

 

 

魔導士「よし・・・回復は済んだ・・・!」

魔導士「我々の救世主だ 丁重に・・・ん?」

 

 

しゃべ・・・っ・・・え!?

まさかの急変!!

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ201「影の王宮 最上階」感想

影の王宮 最上階・・・ヤミ登場ですね。デカイ氣の正体は悪魔でした。リヒトもいるし悪魔対戦どうなるんでしょう。そして最後はネロがしゃべるし・・・次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ200「光の世界」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

万能の魔法

白銀に輝く

週刊少年ジャンプ 2019年19号[2018年4月8日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ200「光の世界」あらすじ・ネタバレ

 

 

 

 

ライア「・・・」

・・・あ・・・ヤベー・・・

も・・・ダメ・・・みてーだ・・・

パト・・・リ・・・

リヒ・・・ト・・・

 

 

ライア「・・・な・・・ぜ・・・」

ミモザ「今にも死にそうな方を助けるのに・・・理由なんていりませんわ・・・!!それが敵の方でも違う種族の方でも・・・!!」

ライア(く・・・そ・・・結局・・・人間の王族に・・・助けられてやがんの・・・だから関わりたくなかったんだ・・・いつの時代でも・・・こんな感じか・・・)

ノゼル「・・・では・・・トドメだ・・・!」

 

 

ノゼル「この者は白夜の魔眼の狩猟だぞ」

アスタ「いやそーなんですけど」

ユノ「待ってください」

 

 

ノゼル「・・・!?ヴァンジャンスだと・・・どういうことだ・・・?顔も魔力も違うが?」

ユノ「そしてコイツの剣ならヴァンジャンス団長を元に戻せるかもしれない・・・」

アスタ「お任せくださいぃぃぃぃぃぃ!!」

ノゼル「・・・?何を言っている 死にたいのか?」

アスタ「どんだけ殺したいんスかァァァァ!?とりあえずやらせてもらっていいですか!?」

 

 

アスタ(今までのよりもとんでもねー量の反魔力が・・・!!)

ユノ「・・・!!アスタ・・・!!」

アスタ(剣が吸いこんだものが・・・オレに流れ込んできてるのか・・・!?あれは・・・!)

 

 

 

 

 

 

パトリ(リヒトさんのために僕は騙されていた みんなを蘇らせたのは間違いだった望まれていない多くの犠牲を選択を誤った 僕は選ばれてなんかなかった 人間は悪なんだ 本当に・・・?そう信じたいだけ?本当は・・・本当なら だってウィリアムとは分かり合え・・・)

アスタ「いやがったなコノヤロォォ どうもアスタです・・・!ようやく会えたな・・・!!魂は・・・オレと同じぐらいで時がとまっちまってるガキだったんだな・・・!!」

パトリ「人・・・間・・・が・・・何の・・・用だ・・・!!」

アスタ「・・・オマエが・・・騙されて・・・大事なものを守れなくて・・・信じてた光を見失っていろんな感情でグチャグチャになってんのはわかった・・・!でも・・・だから・・・オレは言う・・・!!」

 

 

パトリ「うるさい うるさい うるさいッッ オマエに何がわかる人間がぁぁぁ!!」

アスタ「・・・人間 人間うるせー・・・オレはアスタだ・・・!!よくも・・・魔法帝を殺したな!!あんな・・・みんなに慕われた・・・スゲー人を・・・!!オレ達の憧れを・・・!!みんなを人質にして魔法帝を殺したこと・・・転生で国中の罪のない人達を傷つけたこと・・・」

 

 

アスタ「オマエも・・・!!あのヤローを止めねぇといけねーんじゃねぇのか!!?ここまで・・・オマエが決めたんだろーが!!選ばれてなかろーが望まれてなかろーが許されてなかろーがみっともなく死後まで踏ん張りやがれぇぇぇ!!」

パトリ「・・・!!何なんだよオマエは・・・!?そんなに必死になって・・・僕のことなんかほっとけよォォォ!!」

 

 

 

 

ユノ「アスタ・・・!」

アスタ「ぶへぁーッッ!!ヤバかったぁぁ!!」

ミモザ「アスタさん・・・!」

ライア「・・・!」(あの小僧・・・!パトリを連れて帰って・・・!」

パトリ「まったく・・・こんな馬鹿な人間は見たことない・・・」

アスタ「何だとテメコノヤロォォォ」

ノゼル「?」

ユノ(アスタめ・・・ヴァンジャンス団長にはもう少し待ってもらおうってか・・・)

 

 

意志を貫く!

諦めないとはそういうこと

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ200「光の世界」感想

光の世界・・・アスタがパトリの中に入って行きましたね!そして魔法帝暗殺も知っちゃいましたね。それがあっても最大の敵は悪魔って感じでしょうか。ある意味パトリもパワーアップ?次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ199「最強の天敵」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ201「影の王宮 最上階」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

逃げ場なき大魔法!!

週刊少年ジャンプ 2019年18号[2018年4月1日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ199「最強の天敵」あらすじ・ネタバレ

アスタ(あの魔法は・・・!!ヤミ団長も苦戦した・・・!!しかもそれがパワーアップして・・・!!)

ユノ「何て魔力の凝縮だ・・・!!マズイ・・・!!」

パトリ「憎イ・・・憎イ・・・魔光魔法」

 

 

 

 

 

 

 

 

アスタ「・・・へへ・・・何とか凌いだぜ・・・!!」

ズズ・・・

ユノ「アスター!!」

アスタ「げ・・・」

ユノ「・・・奴も今のでほとんどの魔力を消費したはずだ・・・!!」

パトリ「・・・憎イ・・・憎イ・・・憎イ・・・!!」

アスタ「なッ!!!」(ウソだろ!!?)

ユノ(禍々しい魔力が・・・どんどん湧き上がってやがる・・・!!)

ミモザ「アスタさん ユノさん!!」

パトリ「死ネ・・・!!」

 

 

ノゼル「・・・少し趣が変わってしまったようだが・・・」

アスタ「・・・」

ノゼル「ようやく会えたな・・・!」

 

 

ミモザ「ノゼルさん!!」

ノゼル「私はヤツのように手緩くはないぞ・・・!」

パトリ「憎イ・・・憎イ・・・」

ノゼル「貴様は私には勝てん」

魔法の戦いは促成の相性が大きく影響する

そのため魔法騎士団は常にチームで任務にあたり

互いの弱点などをカバー出来るよう組織立てられている

だからこそノゼル・シルヴァの万能の魔法は一騎当千

攻防一体・変幻自在の水銀魔法はどのような敵にも対応し

必ず成果を上げてきた

ノゼル「私は誰よりも光魔法と相性が良い・・・!!」

強大かつ洗練された魔力で大小の水銀を創生し

瞬時に押し固め滑らあにして光を反射・・・!

 

 

ノゼル「・・・もっとも・・・相性が悪い相手にも私は負けるつもりはないがな・・・!!」(そしてこの時の為に・・・)

 

 

アスタ(冷たい感じの人だけど銀翼の大鷲団長!!やっぱすげぇ・・・!!)

ノゼル「ちょこまかとよく逃げる・・・だが・・・準備は整った・・・!!」

この魔法は操作が繊細で巨大な為

魔力が乱された先の戦いでは使えなかったが・・・

ユノ「・・・これは・・・!!」(部屋中の水銀が・・・!!)

 

 

ノゼル「この魔法は貴様を光魔法ごと閉じ込め攻撃し続ける不可避の監獄だ・・・!!」

パトリ「憎イ・・・死ネ・・・!!」

 

 

パトリ「・・・」

ユノ「全ての攻撃を跳ね返した・・・!何て精密なコントロールだ・・・!」

アスタ「すげぇぇぇ!!」

ノゼル「・・・アスタ・・・ユノ・・・といったか・・・魔法帝になるのは私だ」

背中で示す高み・・・

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ199「最強の天敵」感想

最強の天敵・・・ノゼル強い!!ヤミはどこに行ったんでしょうか?アスタのブラック解けちゃいましたね。これで一旦は落ち着くのでしょうか?次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ200「光の世界」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ198「五つ葉のグリモワール」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

2人の一撃は・・・!?

週刊少年ジャンプ 2019年17号[2018年3月25日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ198「五つ葉のグリモワール」あらすじ・ネタバレ

 

 

悪魔「『治りなさい』・・・!」

アスタ・ユノ「!!」

悪魔「ンッンッン・・・私を傷つけるとはやりますね・・・!マナに愛されたエルフの精霊の力と・・・私が手にすべきだったグリモワールに宿る邪魔者の同胞の力・・・」

 

 

ラデス(何なんだよ あの黒いのは・・・!?オレ達がリヒトに利用されていたようにリヒトもあの黒いのに利用されてたのかよ・・・!?)

悪魔「四つ葉のグリモワールの持ち主が深い絶望に飲まれた時・・・」

ライア「・・・パト・・・リ・・・!」

 

 

ユノ・アスタ「・・・!!」

悪魔「五百年前は絶望のグリモワールを生み出すところまでは良かったのですがね・・・最後の最後に抵抗されてしまった・・・だから今回は禁術である転生によって邪な心を彼らに混ぜ自我を奪いやすくしたんです・・・!踏み台は踏み台らしく踏まれてほしいのでね・・・!」

 

 

悪魔「アァ・・・この時の為に私は騙し 殺し奪ってきたんですね・・・面白かった・・・!!」

ライア「・・・!!」

アスタ・ユノ「オマエぇぇ!!」

悪魔「ンッンッン残念ながらアナタ達の相手は私じゃありません・・・好きに暴れないさい」(邪心に満ち溢れたエルフの末路・・・)

ライア「パ・・・トリ・・・!!」

 

 

 

 

ユノ(黒い光・・・!!何てスピードだ・・・!!マナゾーンでも避け切れなかった・・・!!)「アスタ!!生きてるか!?」

 

 

悪魔「ンッンッン・・・ソレはもう心無き燃え殻・・・グリモワールの魔法の焼きついた影を放つだけ・・・せいぜい遊んでいなさい」

 

 

悪魔(エルフと人の落とした子が宿った運命の人間も なぜか五つ葉のグリモワールを扱える魔力の無い欠陥品もここで終わりですね ンッンッン・・・早くその体奪わないと もろとも死んでしまいますよ・・・!)

アスタ(あんなヤツを外に行かせられねー!!)「待てコノヤロォォー」

 

 

 

 

アスタ「・・・どいてくれ・・・!アンタも人間を許せねんだろーし・・・オレもアンタを許せねー・・・!!でも・・・きっと・・・本当はわかり合えたはずだろ!?頼むからどいてくれェェ!!」

 

 

アスタ(ヤバイ・・・!!この魔法は)

ノゼル・ヤミ「この魔力は・・・!!」

迫る極大魔法・・!間に合うか!?

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ198「五つ葉のグリモワール」感想

五つ葉のグリモワール・・・読み応えありましたね。とうとうパトリが闇に落ちちゃいました。アスタもユノも歯が立たないですね。最後にヤミとノゼルが登場してどうなるのか・・・次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ199「最強の天敵」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ197「まやかしの希望」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

形容しがたき邪悪・・・!

週刊少年ジャンプ 2019年16号[2018年3月18日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ197「まやかしの希望」あらすじ・ネタバレ

 

 

 

 

ミモザ(異質な存在は・・・!!?)

アスタ「なんっっだぁぁぁぁ!!?あの黒くて気持ちワリーのは!!」(いや・・・けど何かあんなの知ってるような・・・!?」

悪魔「ンッンッン・・・招かざる客が来ましたね・・・まあ放っておきましょう そんなことより・・・「こっちへ来なさい」」

パトリ(『言霊魔法』・・・!!口にした事象を現実に起こす・・・!?その魔法でロンネさんの『入れ替え魔法』も再現していたのか・・・!?)

 

 

悪魔「『鉄の槍』」

 

 

ユノ「アスター!!」

 

 

 

 

アスタ「うおおッッ!!これは本物の武器が混じってる・・・!?」(反魔法で消せねー!!」

ユノ「避けるので限界だクソ・・・!!」

 

 

アスタ「・・・!!」

ユノ「ぐ・・・!!」

悪魔「『潰れなさい』『拉げなさい』『毀れなさい』『欠け穿げないさい』」

ミモザ「アスタさん!!ユノさんー!!」

悪魔「ンッンッン 私の邪魔は許しませんよ?五百年前は彼らに邪魔されて惜しいところで受肉を失敗させられました・・・あの時 私が次に目をつけたのがアナタです・・・!マナに愛されまだ若く揺さぶり易い新たな贄・・・悲劇と使命感・・・それだけで簡単にアナタは転生に手を出した・・・!」

パトリ「何を・・・言っている・・・!!僕を・・・僕らを転生させたのはリヒトさんだ・・・!!禁術魔法に手を染めてでも・・・最後の希望を・・・僕らに託して・・・!!」

悪魔「違いますよ?」

 

 

悪魔「アナタは私が用意した道を他の愚か者共を率いてくれただけ 辿り着いたのはリヒトの望まぬ未来とわたしの受肉です ンッンッンッンッン」

パトリ「僕は・・・リヒトさんと同じ・・・四つ葉に選ばれた」

悪魔「そう アナタは選ばれた 優秀で愚かな私の駒でしたよ・・・!!ご苦労サマ」

 

 

悪魔「アナタ達の夢や欲望はサイコォォォの玩具ですよ・・・!!」

アスタ「フザけんなよ・・・!!」

ユノ「いきなり湧いて出てメチャクチャしやがって・・・」(相手が何でも)

アスタ(オレは折れねぇ・・・)「スゲー強ぇし怖ぇけど・・・何様だオマエは・・・!!」

ユノ「とにかくテメーはムカつく・・・!!」

アスタ「テメーみてーなクソヤロー相手に・・・」

ユノ・アスタ(オレには)

 

 

ライア(湧き上がる魔力が周りの物質を風化させている・・・!!目覚めつつあるか・・・?彼の中のリヒトくんの子が・・・!!)

 

 

悪魔(私の魔力に共鳴しているのか・・・?あちらの悪魔が・・・!!溢れ出た反魔法が周囲の魔法を打ち消している・・・!!)

 

 

ミモザ(ユノさんが実体の刃をアスタさんが魔法の刃を全て防いで!!)

不適なる脅威・・・!!

死闘、激化!!

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ197「まやかしの希望」感想

まやかしの希望・・・なんとエルフと人間の争いはこの悪魔が仕組んだことだったんですね。それにしてもユノとアスタの共闘!強いですね。悪魔に一矢報いたのでしょうか?次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ198「五つ葉のグリモワール」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ196「黒幕」

目次ページはこちらをクリック!!