目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2019年2号[2018年12月10日発売]

活路は開くか!?

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ185「夢幻の邂逅」あらすじ・ネタバレ

 

 

ドロシー「・・・させない・・・!」

ラック「うおおおおおお よし・・行け」

ジャガ

ガガガガ

ドロシー「消せないなら・・・封じれば良いだけだった・・・」

ラック「あ~惜しかったね~」

マグナ「もっかい出口出せやクラァァァァァ!!」

サリー「あんなに強く意識して閉じられちゃったらもうムリだよ」

チャーミー「アナタが思う一番オイシイ ゴハンゴハンゴハぁぁぁぁン!!」

バネッサ「マズイ・・・!!睡魔が・・・!!」

ラック「そうだ!!」

 

 

サリー「??」

マグナ「あァ??」

ラック「ちょっと相談なんだけど~」

ドロシー「何をしたってここからは出られないわ」

ラック「とゆーワケで・・・出番だよバカマグナ!!」

 

 

ドロシー「この世界で私から隠れようなんて むだ・・・」

 

 

ドロシー(・・・これ・・・は・・・)

サリー(僕達がつくったのはチャーミーの綿とバネッサの糸でつくった人形を・・・)

 

 

けれど一瞬・・・!

頭をよぎったはず!

本物である可能性が・・・!!

ドロシー「・・・しまった・・・!」

 

 

マグナ「よっしゃあああ~!!珊瑚の孔雀団 団長様出現んんん!!」

本物ドロシー「グッジョブだよ~!!黒の暴牛のみんな!後は私に任せてっ!!」

エルフドロシー「・・・再び魂の奥底に眠れ・・・!」

 

 

 

 

本物ドロシー「うふふ!!楽しくなってきたわねー!!」

エルフドロシー「・・・黙れ・・・!!」

 

 

崩壊する!!!

本物ドロシー「あー楽しかった!私の体よろしくね~」

ラック「相手はとんでもない魔力だからね 全力でイって大丈夫だよね!!」

マグナ「そりゃそうだろォォ!!」

 

 

機転・連携・戦略で勝利の一撃轟き爆ぜる!!

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ185「夢幻の邂逅」感想

夢幻の邂逅・・・ラック頭良くね?機転が利くね!それに仲間も協力するなんていい感じですね。そして団長ドロシー強い!最後のラックとマグナの合体魔法もナイスです。次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2019年1号[2018年12月3日発売]

魔法空間に

閉じ込められた仲間たち・・・!!

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ184「夢想の世界」あらすじ・ネタバレ

 

 

ラック「端が・・・終わりが無いよ・・・!」

マグナ「んなのありえねーだろバカラック!」

ドロシー「・・・ありあねいことがありえるのが・・・」

ドロシー「すべては私の・・・思うがまま・・・」

 

 

バグッ

グシャン

ドロシー「永遠に・・・おやすみなさい・・・」

 

 

ドロシー(結果が変えられた・・・!?やはり理に干渉する魔法・・・!)

サリー(夢魔法に糸魔法 この2人の魔女すぅごぉぉぉーい!!あ~研究したぁぁぁ~い!!)

チャーミー「さあさあッ!!魔法を使ったらゴハン食べて魔力回復ですよっ!!」

バネッサ「はい私はただの食いしん坊です」

ドロシー(・・・無尽蔵の魔力供給と絶対回避・・・簡単にはいかない)

マグナ「この場所も魔法だってんなら・・・アイツぶっ倒しゃー出られるぜ!!」

ラック「そだねっ!!」

 

 

バネッサ「アンタ達フザケてる場合じゃないわよ!!」(早くみんなのところに戻らないと!!だけど・・・)

 

 

サリー「ねぇ雷くん!あの水の塊攻撃して!」

ラック「あの大きさは破壊出来ないと思うけど」

サリー「いいから全力で~!!」

 

 

マグナ「炎魔法”極大爆殺轟炎魔球”」

サリー(僕の推測通りにアレが本当に水なら)

 

 

サリー「わかったことあるよ~①彼女が出してるモノはそのもので現実と同じ理屈が通じる!②それによって発生した事象や僕らが出した魔法それ自体を思い通りには出来ない!そして③それでも彼女を倒すのは難しい」

バネッサ「ラチがあかないじゃないのー!!」

マグナ「早くここから抜け出す方法見つけねーと!!」

ドロシー「も・・・そんな時間はない・・・」

フラッフラッ・・・

バネッサ「チャーミー!?」

チャーミー「ね・・・眠たい・・・」

 

 

サリー(そうだっ!!)「ねえっっ!!これ何だかわかるかなぁ~!?正解はぁ”メガネ”だよっ!!」

マグナ「オイオイどーゆーことだァ!?」

サリー「だから・・・彼女が想ったモノが出現したんだよ そーゆーワケで~この世界からのぉ出口!!出口!!!創ってよっっ!!」

 

 

サリー「一度頭に浮かべたモノを意識して消すなんてフツーは難しいからね」

マグナ「よっしゃァァァ脱出すればどうにかなるァァァ!!」

扉ボン!!

力を合わせて打開せよ!!

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ184「夢想の世界」感想

夢想の世界・・・サリーのファインプレーでしたね。さすが研究者!理屈的に打開策を見つけますね。マグナとラックのコンビも面白い!次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2018年52号[2018年11月26日発売]

でっかく参戦

開幕わちゃわちゃ!!

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ183「暴れ牛頂上決戦参戦」あらすじ・ネタバレ

 

 

ジャック「バカでけー・・・牛ィ!?」

ヤミ「よく来たなバカヤロー共ォ!!」

ノエル「遅すぎるわよ みんなー!!」

ゾラ「オイオイオイ何だあのメチャクチャなのは・・・!!」

ノエル「あれが私達の仲間・・・黒の暴牛のみんなよ!!」

 

 

ラックの魔力高感知

 

 

エルフ「おのれぇぇぇくらえー!!」

 

 

エルフ「攻撃が・・・当たらないだと・・・!?」

チャーミーの魔力回復

ヘンリー「そ~~~~~~れ~~~~~~」

 

 

ヤミ「ワハハハハハ!!メチャクチャしやがるー!!」

パトリ「黒の・・・暴牛・・・!!」

一人・・・厄介なのがいる・・・!!

理に干渉する魔法・・・

魔女か・・・!!

レーヴ「・・・私が・・・行く・・・」

ライア「何百年ぶりの魔法だけど大丈夫か?」

レーヴ「・・・問題ない・・・」

アスタ「・・・あの人は・・・!?」

 

 

 

 

ヘンリー(何が起きたの!?無くなった部分の魔力は感じる・・・だけどどこにも存在しない・・・!?)

アスタ「バネッサ姉さん!!それにマグナ先輩にラック・・・チャーミーバイセンとサリーもいない!?」

キルシュ「ドロシー団長の魔法は夢の世界に連れて行かれるのだ・・・!!」

パトリ「これで防御の要は消えた・・・」

 

 

ゴーシュ「後はオレ達に任せて オマエは大好きなリヒトと先に行って来い」

パトリ「その言い方はやめてください」

 

 

レーヴ「ようこそ・・・私の想うがままの世界へ・・・」

夢的魔法に搦め取られて・・・!?

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ183「暴れ牛頂上決戦参戦」感想

暴れ牛頂上決戦参戦・・・ヘンリーの力でエルフをやっつけると思いきや!!そうもいかなかったですね。二組に分断されちゃいました。ヤミは見てるし(笑)次も楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2018年51号[2018年11月19日発売]

グラビト岩石のダンジョン奥深く・・・

この巨大な魔道具は・・・!?

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ182「セフィラの徒」あらすじ・ネタバレ

 

 

ライア「おはよう 目覚めの気分はどうだい・・・?」

 

 

ライア「前の転生のこと・・・覚えてる?」

ヴェット「あぁ・・・我らサードアイだろう?」

ファナ「不実のライアだって・・・笑っちゃう」

ライア「よく戻ってきた・・・!」

ファナ「今回の方が自分の意識がハッキリしてる・・・サラマンダーがいなくなっちゃった!」

ライア(新しい資格者が現れたか・・・)

ヴェット「その前に・・・服を着てくれないかファナ」

ライア「それ15の体だけど・・・昔よりおっぱい大きいよな」

どばちーん

 

 

 

 

リヒト「・・・」

ライア「今はあぁだけど転生が完全に契約されりゃ元のリヒトくんになるさ!」

パトリ「・・・そうですね・・・!」

ライア「それじゃ始めますか・・・!」

グラビド岩石に魔力を込めることで

クローバー城に封じられていた・・・

ヤミ「何だありゃ!?」

 

 

ノエル「ノゼル兄様・・・城が!!」

ミモザ「何ですの・・・!?あれは・・・!!」

ダヴィド「”影の王宮”だよ・・・!神の啓示を受け取れる10人のエルフ達”セラフィの徒”だけが開くことが出来る・・・ね」

キルシュ「そんなことは美しいこの私がさせん!!」

 

 

ミモザ(ダヴィドさんのダイス魔法・・・出た目が大きい程その状況に有利な効果が出る!)

ダヴィド「まぁムダだと思うけど頑張ってみなよ~」

去っていく

ヤミ「あの向こうに魔法空間が広がってるってワケか」

ジャック「カカ!オレ達も行ってやろーじゃねぇかァ!」

 

 

クラウス「”セフィラの徒”の僅かな邪魔もさせん!!」

ジャック「カカ上等だァ裂いてやらァ!!」

ヤミ「いやフィンラル無しであの人数は厳しいわクソッタレ!!」

ゾラ「次から次へと・・・いい加減にしろよ」

ノエル(どうする!?)

 

 

決戦迫る!!

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ182「セフィラの徒」感想

セフィラの徒・・・なんかファナやヴェットが復活しましたね。サリーの魔道具で培養って。そしてユノがカギを握ってるみたいですね。アスタ達が到着して・・・次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2018年50号[2018年11月12日発売]

届くか!?

勝負の瞬間!!

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ181「空間魔道士の兄弟」あらすじ・ネタバレ

 

 

フィンラル(この人達は魔法騎士団長だぞ)

ジャック(どうにかするに決まってる!!オレの刃は裂けば裂くほど疾くなる)

 

 

ランギルス「・・・」

ランギルス「・・・人間ごときが・・・」

 

 

ランギルス「矮小デ悪賢こク醜イ人間ガ」

 

 

フィンラル「・・・いいえ・・・もう終わりです・・・あんな我を忘れた状態でオレの魔力に気付くワケがない・・・」

 

 

フィンラル(こっちに来い ランギルス)

ガッ

フィンラルの右ストレートがランギルスの顔面にヒット

 

 

ドサッ

ヤミ「まったく・・・ヘタレのクセに・・・よくやったフィンラル!!」

場面が変わり

パトリ「やっと着いた・・・!」

ゴーシュ「オマエとうとうリヒトと同じ顔になっちまったのか」

ライア「よー久し振りードロワ エクラちゃんもやっほー」

ゴーシュ「そんな久し振りでもないけどなライア」

ライア「これでいつもの面々が揃ったか?」

パトリ「揃ったところで人間は『金色の夜明け』が片付けてしまってるでしょうけどね・・・最後の魔石を城の中にある台座に嵌め込み王国全土を使った魔法を発動させるだけ!!最後の魔石はすでにエルフの手中にる・・・」

ヤミ「どーやらしこたま強ーのがあん中に揃ってるらしいいな・・・」

 

 

危ねぇ二人が

先陣を切るッ!!

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ181「空間魔道士の兄弟」感想

空間魔道士の兄弟・・・ついに決着付きましたね!フィンラルの魔法で精神の中に入れるなんて。そして最後の魔石ってユノ?ヤミとジャックコンビはどこまで行くんでしょうか!?次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!