目次ページはこちらをクリック!!

投稿日:2020年11月23日 更新日:2020年11月23日

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

アスタの修行が進む中

この音kもまた”最強”への道を歩む半ばで

週刊少年ジャンプ 2020年51号[2020年11月21日発売]

スポンサーリンク

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ272「暗獄の狩場」あらすじ・ネタバレ

ユノ「ハアハアハアハア」

ピリッ

ユノ「隠れて見てないで出てきたらどうですか・・・?」

ユノ「ベルは今グリモワールから出てきません・・・」(ゼノンを倒す算段はついている・・・だが実際の効果の程が確かめられない・・・)「何をしに来たんですか・・・?」

ランギルス「空間魔法の相手が必要だと思ってね・・・しょうがないから修行に付き合ってあげようか?」

ユノ「・・・本当だったらオレだけで何とかしたいところですが・・・これは金色の夜明けの問題だ・・・!アナタも・・・強くなっていますよね・・・?よろしくお願いします・・・!!」

ランギルス「まだまだ生意気だけど君も少しは素直になったじゃないか」

アスタ(ナハト副団長・・・めちゃくちゃ強ぇ・・・!!何度挑んでも・・・勝ち筋が見えねー・・・!!なのに・・・まだ本気じゃない・・・!!これが”ユナイト”ってやつの力・・・!!

リーベ「・・・」

アスタ(何で・・・オレとリーベは出来ねーんだ・・・!!?ブラックん時にオレが受けた傷はリーベにもいっちまってんのに・・・!)

ズリズリ

ばーん

アスタ「あッッ甘いもの食べて閃いたッッ!!ちょっと付き合ってくれリーベ!!」

リーベ「・・・」(・・・こーゆー時のコイツは・・・一割の確率でとんでもねー正解を引き当てる・・・)

リーベ「テメーフザケてる場合じゃねーんだよ9割バカ」

アスタ「フザケてねぇぇ!!この状態で戦うことによりより心と体が一つに」

リーベ「こんなんんで一つになったら苦労しねーんだよ 9割バカ」

アスタ「なにをををを!!オマエ上なんだから文句言うんじゃねぇぇぇぇ!!」

やんや やんや

ナハト「どうせダメならここで死ね」

ズ・・・

アスタ「リーベ!!!」

ズズズズズズ

アスタ「・・・」(真っ暗闇・・・)

ズギャ

アスタ「・・・!!?」(・・・これは・・・!!!氣が・・・何の気配も感じられない・・・!!?攻撃の避けようがない!!!)

アスタ(ヤミ団長を救けるために)

リーベ(リチタの仇を討つために)

アスタ・リーベ(オレは死ぬわけにはいかない!!!それに・・・)

新たな力、胎動

スポンサーリンク

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ272「暗獄の狩場」感想

暗獄の狩場・・・ユノも修行してましたね。ランギルスが手伝うって異色の組み合わせ。そしてアスタとリーベは心が一つになりましたね!次が楽しみです♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ271「同化」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

投稿日:2020年11月9日 更新日:2020年11月9日

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

変貌!!

副団長の真の力とは!?

週刊少年ジャンプ 2020年49号[2020年11月9日発売]

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ271「同化」あらすじ・ネタバレ

ナハト「アスタ 君が強くなるためにはその悪魔と同化して反魔法の力を100%引き出すしかない・・・!」

リーベ「・・・ぐ・・・!!」

アスタ「・・・」

アスタ「ん?あれ?リーベがいなくなっちまった!?」

リーベ「ココだココ」

アスタ「ん?」

ナハト「・・・従魔契約では主導権は完全に使役する側・・・つまり人間にある だからオレは悪魔同化を簡単に使いこなせる 君の今の状態は悪魔同化じゃない ただ悪魔の力が垂れ流れているだけだ」

アスタ「何かリーベもそんなこと言ってたな!?どうやったらオマエの本当の力使えるんだ!?」

リーベ「わからねー」

アスタ「えッ!!?」

リーベ「オレはオマエの体を手に入れて戦おうとしてたんだからな 外に出て戦うのも初めてだしだからオマエでも勝てたんだ」

アスタ「オマエ何もわかんねーじゃねーかァァァ!!あんなに偉そうだったのに!!」

リーベ「そもそもオマエがワケわからん契約結んだんだろーが!!オマエがどーにかしろ!!」

アスタ「オレもわからぁぁぁん」

ナハト「やはり 戦いの中で見出すしかないな 俺は悪魔同化することでそれぞれの悪魔の特性を影魔法に付与できる」

アスタ「ぐぉッ!!」

ガガ

アスタ「ぎッッ!!」(コイツら一人一人ナハト副団長と同じ氣を・・・!!)

ナハト「君は悪魔と対等な契約を結んだ 悪魔を使役しない君がその力を100%すんなり使いこなせないのも当然だ 君がその道を選んだんだ その力でオレに勝ってみせろ」

アスタ「ハイ・・・今ここで限界を超えます」

アスタ「『斬魔』オマエの名前は斬魔の刀だ・・・!!一緒にヤミ団長を迎えに行こう!!!今ここで限界を超えて!!!」

ナハト「・・・その言葉は嫌いだな」

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ271「同化」感想

同化・・・ナハトは悪魔と100%同化できますね。それに比べてアスタとリーベはデコボココンビみたいな感じで。次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ272「暗獄の狩場」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ270「二人」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

投稿日:2020年11月2日 更新日:2020年11月2日

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

アスタの

渾身の一撃!

週刊少年ジャンプ 2020年48号[2020年11月2日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ270「二人」あらすじ・ネタバレ

 

 

 

 

ナハト「よくやった これで従魔の儀の準備は整った」

 

 

ナハト「それこそが君が選ぶべき最強の道だ」

アスタ「・・・そうか じゃあ・・・」

 

 

リーベ「ハ?」

アスタ「何だ?悪魔は友達も知らねーのか?友達ってのはなえーと・・・対等な相手として共に・・・」

ナハト「・・・まてまて その悪魔と対等な契約を結ぼうとしているのか?」

アスタ「ハイ!!戦う前にも言ったけどオレが今まで戦えて来れたのはコイツのおかげです!けどずっと一緒だったのにオレは何も知らなかった オレはコイツのことをもっと知りたい!だからますは友達です!」

ナハト「・・・何を言っている・・・その悪魔が君のいうことをきくと決まったわけじゃないんだ そんな契約を結んでもメリットなんて一切ないんだぞ」

アスタ「いや・・・コイツはそもそも本気で戦ってなかったスよ『殺す殺す』言ってたけど コイツはブレーキをかけてたんだ」

 

 

アスタ「これは従魔の儀じゃない!友魔だ友魔!」

ナハト「・・・」

悪魔「アイツ馬鹿ですよ ナハトの旦那!」

ナハト「・・・そうだな・・・それにどうも・・・やっつけた相手は同じみてーだ・・・!」

 

 

リーベ「・・・やっぱり・・・とんでもねーバカだよオマエは・・・」(・・・運命なんてモンがあるのか知らねーが・・・」

アスタ「そういえばオマエは名前何てゆーんだ?」

リーベ(コイツは・・・)

 

 

リーベ(リチタの子供だ)「ゲゲ リーベだ・・!」

ワアッ

 

 

ナハト「君は正しい だが・・・」

悪魔「ヒャッヒャッ出番だぜ」

 

 

ナハト「だから強くなれ・・・」

 

 

ナハト「ここからが君がいうところの”修行”の本番だ 君達二人でオレを倒してみろ・・・!!」

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ270「二人」感想

二人・・・なんとアスタは予想外にリーベと友達?友魔になりましたね。これで終わったかと思ったらナハトが変身。アスタの過去も少しわかりましたね。次が楽しみです♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ271「同化」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ269「魔法が使えないヤツ」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

投稿日:2020年10月26日 更新日:2020年10月26日

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

アスタ、

悪魔と相対し

週刊少年ジャンプ 2020年47号[2020年10月26日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ269「魔法が使えないヤツ」あらすじ・ネタバレ

 

 

アスタ「オマエにも・・・理由があるんだな・・・!じゃあ戦ってその気持ちも受け止めて・・・オレが勝つ・・・!!」

リーベ「ふざけるな!!!魔法も使えねー片腕のヤツが勝てるかー!!!」

 

 

 

 

 

 

アスタ(ヤミ団長の刀・・・!!)

ガシ

アスタ「くッ」

リーベ「オレの力がなきゃ 重いだけのナマクラだ!!!」

 

 

リーベ「どれだけ身体能力が高かろーが瞬間移動は出来ねぇし鉄は砕けねー!!!上級悪魔の魔法相手じゃ全く通じねー!!!オマエじゃあ勝てねー!!!」

 

 

リーベ(そこでひたすらに悪魔を呪い続け)

 

 

リーベ(魔力の無いオレが再び現世に出るにはこの魔力の無い人間を憑代にするしかないようだ コイツの体を奪ってでもオレは悪魔を)「殺す!!!!この情念が負けるワケがねー!!!」

 

 

 

 

アスタ「へへ 集中して氣を読めばすげー捉えやすかったぜオマエの剣は・・・!」

アスタは

様々な魔法剣士を見てきた

今まで戦った

共に戦ってきた

魔道士達の動きに少しでも近づけるように

己の肉体を鍛え続けてきた

反魔法の力を得てからもずっと・・・

どれだけ鍛えても肉体には限界がある

強力な魔法に適うわけがない・・だが

 

 

リーベ「・・・が・・・!!」

アスタ「オマエが戦っているのはただの魔法が使えないヤツじゃない・・」

 

 

リーベ「・・・ッッ・・・」(負けるはずがねー・・・!!オレは呪い続けてきたんだ 一人で・・・!!一人)

アスタ「オレが勝つ!!!」

 

 

ぶつかり合う二人

決着はいかに

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ269「魔法が使えないヤツ」感想

魔法が使えないヤツ・・・アスタとリーベの戦いが始まりましたね。リーベ有利と思いきやアスタは己の肉体と経験値でリーベを圧倒しましたね!次が楽しみです♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ270「二人」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ268「悪魔」

目次ページはこちらをクリック!!

目次ページはこちらをクリック!!

投稿日:2020年10月19日 更新日:2020年10月19日

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

深い闇の中、

生まれる悪魔は何を思う

週刊少年ジャンプ 2020年46号[2020年10月17日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ268「悪魔」あらすじ・ネタバレ

アスタ「悪魔だからって絶対に悪いヤツだって決まってるワケないだろ!!!」

 

 

生まれた時から悪魔の間では序列が決まっていてそれが覆ることはない

ひどく退屈な冥府では上の者が下の者を虐げ暇を潰し下の者は更に下の者を虐げる

魔力を持たず生まれたオレは間違いなく最下位で

生まれてから血が流れていない日がなかった

そんなクソな世界で悪魔にとって”人間”を弄ぶことは至上の快楽で

誰もが人間のいる現世に行きたがっている

 

 

思い掛けず現世に出た

 

 

魔力の強い人間に終われ逃げた先で

体が動かなくなり死を覚悟した・・

やっとクズみたいな生が終わる

・・・次に目を覚ましたら・・・

リチタ「・・・お!起きたー?私はリチタ ここは私の家よ」

スッ

リチタ「それでこれが私の魔法っ マナの宿ってないものを別のものに出し入れすることができるの これでアンタを運んだの それにしてもビックリだわ」

リチタ「わはは 傷ついたただの子供が怖いわけないじゃん それも魔力の無いかよわーい」

悪魔「・・・!」

リチタ「それに忌み嫌われ具合なら私も負けないんだな~」

 

 

リチタ「運命だと思わない??アンタ私の子供になんなよ!」

悪魔「ハ?」

 

 

リチタ「悪魔だからって絶対に悪いヤツだって決まってるワケじゃないでしょ だって・・・アンタは悪いヤツじゃない!アンタは私を一人ぼっちの苦しみから救ったもの!ありがとうリーベ」

 

 

ルチフェロ「まさか人間と契約せずに現世に存在する悪魔がいるとは・・・暇つぶしに探ってみるものだ・・・!」

リーベ(最上級・・・悪魔・・・!!?・・・体が・・・いうことをきかな・・・)

ルチフェロ「イイモノ見つけた・・・!コイツを利用して私の肉体を現世に顕現する方法を探」

リチタ「なにアンタッ!!?リーベの体からはなれなさいッッ!!!!」

 

 

 

 

リーベ「・・・リ・・・リチ・・・タ・・・」

リチタ「・・・ごめんね・・・私・・・バカだからさ・・・アンタをアイツから守る方法・・・これしか思いつかないや・・・私の魔法で・・・アンタを五つ葉のグリモワールに封じ込める・・・!・・・次ここから出てくる時・・・アンタはきっと・・強く成長してる・・・!」

 

 

リーベ(ユルサナイ)

 

 

悲しき悪意を胸に秘め、彼は戦う

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ268「悪魔」感想

悪魔・・・アスタの悪魔はリーベっていうんですね。そして五つ葉のグリモワールとの関係も分かりました。アスタと対決するのか?次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ269「魔法が使えないヤツ」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ267「従魔の儀」

目次ページはこちらをクリック!!