ブラッククローバー 最新 ネタバレ 感想 ページ306「境界」

Pocket

スポンサーリンク

投稿日:2021年09月13日 更新日:2021年09月13日

スポンサーリンク

306話の続き、ブラッククローバー最新307話のネタバレ感想はこちら

306話の前話、ブラッククローバーページ305話「色の夜明け、副団長」のネタバレ感想はこちら

ブラッククローバー 最新 ページ306 ネタバレ 感想

ランギルスは限界を超えてゼノンと対峙して
ユノのために3分の時間を作りました

スピリット・オブ・エウロスを構えるユノ・・・
この一撃でゼノンを倒すことができるのか!?

スポンサーリンク

ゼノンの身体を貫くユノの スピリット・オブ・エウロス

スピリット・オブ・エウロスで矢を放つユノ
ゼノンの身体は貫かれ口から血を出し驚きます

(この体が・・・完全に貫かれるとは・・・)

ユノはゼノンに

「オレ達の執念の勝ちだ・・・!」

ゼノンは過去の自分を思い出します

ゼノンの回想

子供時代のゼノンの話

ゼノンは怪我をして帰りますがダンテとヴァニカはゼノンに対して
ヴァニカ「なにアンタぁ~またケガしてんのぉ?ダメなヤツ~」
ダンテ「まったく・・・私の弟として情けないぞ?」

車いすの男はゼノンに対して「心配ないさゼノン」
ゼノン「兄様・・・」
兄様「オマエが一番、私に似ている・・・ダンテよりヴァニカより悪魔憑きの才能があるよ」

少年たちに骨魔法が不気味がられゼノンはいじめを受けます
それを助けた少年アレン
アレンが来てゼノンをいじめていた少年達は逃げ出しました

アレンはゼノンに言います
「オレ、アレン!オマエ強そーな魔法だな!」
「みんな怖いし不安なんだ スペード王国はいつも雪で閉ざされてて・・・内乱はしょっちゅうだし、ダイヤモンド王国の侵略もあるし・・」

アレンは国の人達を守るため、魔導防衛隊総隊長になると言います
驚くゼノンは戸惑いながらアレンに言います
「オレも総隊長になる・・・!」
アレンは言います
「それじゃあオレ達、ライバルだな!どっちが総隊長になあるか勝負だ!」

魔法の能力を磨くアレンとゼノン
青年に成長したゼノンは兄様に言います。
「申し訳ありません兄上・・・オレは悪魔憑きに興味ありません・・・」

魔導防衛隊第四師団に入団したアレンとゼノン
二人とも即戦力と期待され、特にゼノンは天才と言われます

ある日、魔宮ダンジョン調査に向かった魔導防衛隊第四師団が悪魔に遭遇
圧倒的な力の差に絶滅寸前

ゼノンは全魔力を込めた最高魔法を使うしかないと覚悟を決めますが当てる隙がないと落胆します
その時、ゼノンの隣からアレンが悪魔に突撃していきます

アレンと悪魔が先頭に入り、ここしか無いと感じるゼノン
(今撃てば悪魔を倒せる、アレンもろとも)
(今仕留めなければオレも含め、ここにいる全員死ぬ)
(そして国に被害が出る、少なくとも近くの町の人々は死ぬ)

ゼノンはアレンもろとも悪魔を攻撃して見事倒す
ゼノンは号泣しながら思います
(力が無ければ)
(想いも執念も無意味だ)
(弱い者は切り捨てるべきだ)
(圧倒的な力こそが絶対)
(ただの悪魔でもあれだけの強さ)
(ならば・・・)

スポンサーリンク

ゼノンの悪魔はベルゼブブ

ゼノンは兄上の部屋を訪ねます
ゼノンは言います
「兄上・・・オレを悪魔憑きにしてくれ」

ゼノンは悪魔に言います
「ベルゼブブ取引だ・・・!!」

スポンサーリンク

ブラッククローバー 最新 ページ306「境界」感想

ゼノンの回想がメインでしたね
アスタみたいなアレンが出てきて悪魔憑きになるきっかけ
取引する悪魔はベルゼブブみたいですね
あっさり契約成立になるのか、一波乱あるのか楽しみですね♪

スポンサーリンク

関連リンク
マンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
サッカーマンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
世界旅行専門情報

目次ページはこちらをクリック!!

(Visited 298 times, 1 visits today)
Top