ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ227「全智の巫女」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

切り裂いた先には

ハート王国の王女が・・・!?

週刊少年ジャンプ 2019年49号[2019年11月2日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ227「全智の巫女」あらすじ・ネタバレ

 

 

アスタ「え・・・!?」(人形・・・!?確かに中から人の氣が・・・)

もそ・・・

アスタ「ん?」

 

 

女性「ああああっっすみませんすみません フカビーバーの肌触りがあまりにも気持ちよくてっっ」

ガンッ

女性「いたたたたあ~」

アスタ「・・・」

ドバアアアアアア

アスタ「一体何す・・・ぶわぁぁぁぁぁ!!」

ウンディーネ「まったくもう何やってるのロロペチカっ 早くパジャマから着替えるように言ったじゃないっ」

ロロペチカ「すみませんすみません」

わたわた

セクレ「・・・」

アスタ(・・・この人が・・・ハート王国王女・・・!!?)

場面は変わり

 

 

 

 

ノエル「なっ・・・!!!」(速すぎる・・!!)

ガジェ「・・・すみません皆さん「魔道階域」を調べるため勝手な戦いを強いてしまって」

ミモザ・ノエル「・・・え」

場面は変わり

アスタ「「魔道階域」って・・・九域・・・八域・・・七域って数が小さいほど強いって言ってた・・・?」

ロロペチカ「はい・・・魔道士の戦いは人数ではなく魔法の力・・・たとえ何十人と束になっても才能ある魔道士一人に敵わないこともあります・・・」

 

 

アスタ「オレ達は悪魔のものかもしれねー強大な呪いの反応を追ってこの国に来たんだ・・・!!何か知らねーか!?」

セクレ(・・・また堂々と・・・)

ウンディーネ(精霊守しか知らないことをなぜ彼らが・・・けど残念・・・そのことは誰もしゃべらないわ・・・)

 

 

アスタ「・・・えッッ!!?」

ウンディーネ「えッッ!!?」

ロロペチカ「えっっ!!?」

ウンディーネ「何で行っちゃうのっっ!?」

ロロペチカ「えっっ!?えッッ!?えっっ!?」

アスタ「・・・」

ウンディーネ「~もうしょうがないわね そう・・・アナタをここに連れてきたり魔道階域を測ったりしたのは・・・ロロペチカに呪いをかけた・・・悪魔メギキュラを倒すためよ・・・!アナタ達にも・・・関係ない話ではないでしょう・・・?」

ロロペチカ「クローバー王国の皆さん・・私達と・・・」

アスタ「!?どうした!?」

ロロペチカ「ポプラッタの木に水をあげるの忘れたっ!」

アスタ「今とてつもなく重大な話の途中だったと思うんスけど・・・」

セクレ「・・・一国の王女がいぃで大丈夫なのかしら・・・」

パラパラ

ザザザザ

 

 

全てを包み込むように大らかで

それでいて一つとして零さないよう繊細・・・

これがハート王国王女の魔法・・・

ウンディーネ「ほらほらロロペチカ いい加減ちゃんとした格好に着替えて!今上の王女は歴代の王女の力のほとんどを受け継いでいる・・・」

 

 

ウンディーネ「ほら~ちゃんとしたらすごくキレイなんだから~♡」

ロロペチカ「うーん動きづらいです・・・」

アスタ「あ!!わかった!!そのウルトラドジも呪いのせいですね!?」

ロロペチカ「いえ これはもともとです」

ウンディーネ(私の愛するロロペチカを呪った憎っくき悪魔・・・)「メギキュラはあの国にいる・・・!」

場面は変わり

マグナ(一応ダイヤモンド王国を偵察に来てみたら・・・)

バネッサ「これは・・・!!!」

 

 

あの数のダイヤモンド兵を・・・

たった一人で・・・!!!

マグナ「団長クラスの強さのヤツもいたのに・・・!!」

ラック「あは・・・あはは・・・!」

バネッサ「変な気を起こすんじゃないわよラック・・・!!」

ラック「・・・悔しいけど・・・こんな気持ちは初めてだよ・・・アイツとは・・・戦いたくない・・・!!」

新たな脅威!!

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ227「全智の巫女」感想

全智の巫女・・・とうとうハート王国の巫女が登場しましたね。ノエル達との戦いも終わったようで。それにしても最後のスペード王国?強そうですね?悪魔憑き??次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ228「冥域の魔道士」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ226「精霊守の魔法」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す