ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ213「魂の大樹」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

エルフも人間も

みんなで!!

週刊少年ジャンプ 2019年34号[2018年7月22日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ213「魂の大樹」あらすじ・ネタバレ

 

 

チャーミー「ユノくんっっ!!もう離れないっっ!!」

アスタ「あれ・・・!?チャーミーバイセン元に戻ったんスね!何か スラっとしたオネーサンになってましたけど・・・てゆーか超スゴかったですよねー」

チャーミー「??何言ってるの?私はいつでもセクシーなオネーサンだよ??」

アスタ「え??」

チャーミー「・・・あれ?え・・・??夢・・・??」

ノエル「てゆーか何でチャーミーがここにいるのよ」

チャーミー「オイシイモノとユノくんがいるところならどこでも現れるのさ」

ジャック「オイ女ァ!!後でちゃんと裂かせろォ!!」

ファナ「この人ヤバイ!コワイ!」

ノゼル「貴様ら・・・談笑には少し早いぞ・・・まだ全て終わったわけではない・・・国中で暴れてるエルフ達を止めなければ・・・!!」

 

 

ノエル「・・・一体・・・どうやって・・・!!」

メレオレオナ「全員のしてしまえばいい」

アスタ「・・・クソ・・・!!」(この剣ひとつじゃとても・・・!!それに今のオレじゃ何度も力は使えねー・・・!!」

パトリ「・・・リヒトさんがいるのなら・・・方法はある・・・!僕の奥底に眠るウィリアムの・・・世界樹魔法ならば国中の魔力と生命力を集めることが出来る・・・」

 

 

パトリ「・・・もとより二度目の生・・・悔いはあっても恐れはない・・・このまま消えるだけなら償いとしては不十分だとすら思う・・・」

ライア「パトリ・・・」

パトリ「・・・先に・・・いってますね・・・!すみませんリヒトさん・・・後をお願いします・・・!」

リヒト「あぁ・・・!」

パトリ(最後にリヒトさんと・・・みんなと戦えて嬉しかった・・・)

 

 

ヤミ「・・・」

ユノ(ヴァンジャンス団長・・・)

ヴァンジャンス「・・・パトリ・・・」(幼き頃から私と共にあった孤独な魂・・・君の怒りと嘆きに決着がついたんだね・・・しかし・・・まだ終わっていない その為に私が・・・!)

 

 

リヒトがヴァンジャンスの背中に手を当てる

合体魔法

 

 

リヒト「反魔法の少年 この樹に滅魔の剣を・・・!!」

剣の力が・・・

すべてのエルフに

 

 

国民「あれは・・・!!金色の夜明け団長の魔法・・・!!」

国民「きれい・・・!」

国民「国を・・・救ってくれたのか・・・!?」

ライア「・・・やっぱりな・・・ウチら3人は一緒に行けそーにないや・・・二度の転生で魂が体にしっかり定着しちゃってるし元の体に魂が存在してないから・・・」

リヒト「・・・そうか・・・それは何か意味のあることなのかもしれないね・・・私達の分も今の世界を生きてくれ・・・」

ヴェット「リヒト・・・!」

ファナ「・・・またね・・・!」

ライア「はぁ~あ・・・またすれ違いか・・・リヒトくんに言われちゃ仕方ないね・・・メンドーだけどしっかり生きてみるとしますかぁ」

 

 

ヤミ「何だ最後はやけに素直じゃねーのシャルラ」

シャルラ「フン 私はこの持ち主ほど不器用ではないつもりだ」

ヤミ「・・・?」

リヒト「一足先に行くよルミエル テティアを・・・ずっと待たせてしまっているから・・・私達が望んだ理想の未来の可能性が見られて嬉しかった」

ルミエル「うん・・・!」

ユノ「・・・オレの体の中にいるのは・・・アンタの・・・」

リヒト「・・・お陰で息子と一緒に戦ってるようだった・・・ありがとう現代の四つ葉の少年・・・!君に幸運があらんことを・・・!」

アスタ「・・・このグリモワールも・・・アンタの・・・」

リヒト「・・・そのグリモワールはもう君のものだ 君と共に同じ道を歩ませてやってくれ・・・!!」

 

 

未来への光、解き放たれて・・・

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ213「魂の大樹」感想

魂の大樹・・・パトリが先に逝きましたね。そしてヴァンジャンス登場で世界樹魔法とリヒトとの合体魔法って。アスタの反魔法で収まると。次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ214「夜明け」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ212「因縁の最後」

目次ページはこちらをクリック!!

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す