ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ206「時空を超えた再会」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

悪魔の魔法に

飲まれたヤミは・・・

週刊少年ジャンプ 2019年26号[2018年5月27日発売]

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ206「時空を超えた再会」あらすじ・ネタバレ

 

ヤミ「せめてもの救いはテメーが回復魔法使えたってことだなチクショー テメーんとこのエルフボスくんは大丈夫かね」

 

 

アスタ「・・・オイ ユノ・・・!あれって・・・!」

ユノ「ああ・・・伝説の・・・初代・・・魔法帝・・・!?」

アスタ「うわぁぁぁぁぁぁ本物ですか!!?てゆーか動けたんですか!?!てゆーか何事ですかァァァ!!?」

ユノ「落ち着けアスタ 今 それどこじゃないから」

パトリ「な・・・!?え・・・な・・・?!」

ルミエル「彼らは・・・」

セクレ「・・・」

アスタ「・・・ん・・・」(・・・あの女の人の氣)

セクレ「彼らは魔石集めや王国守護に尽力したこの時代に生きる魔法騎士です・・・王子・・・まずはそれよりリヒトを・・・!」

カッ

セクレ「・・・恐らく禁術の影響で魂が縛りつけられたまま転生してます・・・リヒトの魂は確かにここにありますが完全には目覚めていない・・・」

ルミエル「目醒めさせられるかな?」

セクレ「・・・任せてください」

私の魔法は”物を開け閉めするだけの”の魔法だった・・・

けれど王子と共に過ごし可能性を探る内に進化した

王子は”どうすればそれをより良く出来るか”を考える天才

今の私の封緘魔法は

どんな封印も解き放つ・・・!!

 

 

ルミエル「あの時言えなかった言葉を・・・ようやく言える・・・」

リヒト「ありがとう ルミエル」

悪魔「ンッンッンッン・・・」

 

 

パトリ「・・・リヒト・・・さん・・・!」

リヒト「パトリ・・・魂の深いまどろみの中で全てを見ていたよ」

パトリ「・・・リヒトさん・・・僕は・・・」

リヒト「500年前・・・私達は悪魔の計画に敗れた・・・絶望の中で・・・私が罪無き人々を傷つけぬよう・・・更なる絶望を生まぬよう・・・止めてくれたのはルミエルだった・形はどうあれ・・・君にも君を止めてくれる者が現れたようだね・・・」

 

 

リヒト「・・・今 私達に出来るのは・・・過ちを心を折らず次に起きるだろう悲劇に抗うことだ・・・!ここで私達の500年に決着をつける・・・!!」

 

 

ルミエル「光魔法 マナゾーン”アヴィオールの灯 榮光”」

リヒト「剣魔法”開闢の一閃 連撃”」

 

 

アスタ「す・・・すげぇ・・・!!」

悪魔(速い・・・!!)

リヒト(これだけの速さと威力の攻撃なら)

ルミエル(言霊魔法で即座に対応できまい・・・!!)

 

 

 

 

悪魔「ンッンッン・・・私をこれほど攻撃出来るのは流石です・・・がアナタ達がどれだけ強かろうと・・・」

リヒト「ルミエル!!」(あの槍・・・魔法を分散する・・・!!」

セクレ(王子達でも・・・!!)

悪魔「肉体とグリモワールが揃った私は殺せませんよ・・・!!」

 

 

悪魔「反魔法・・・!!」

ルミエル「!」

リヒト・セクレ(やはり反魔法なら・・・!!)

光明は・・・!?
スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ206「時空を超えた再会」感想

時空を超えた再会・・・アスタ達にルミエル合流してリヒトの魂を開放していよいよ悪魔との決戦ですね。凄まじい攻撃だったけどルミエルの片腕が・・・最後はアスタ!!次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ207「究極魔法」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ205「500年の真実」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す