ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ192「二つの紅蓮の拳」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2019年11号[2018年2月9日発売]

転生によって

奪われたのは

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ192「二つの紅蓮の拳」あらすじ・ネタバレ

フエゴレオン「その方は・・・カイゼル殿は人徳と能力を兼ね備えた人物だ」

 

 

フエゴレオン「炎精霊魔法”サラマンダーの吐息”」

 

 

カイゼル「ファファファとてつもない威力の魔法だ 私には届かんがね」

フエゴレオン(カイゼル殿の渦魔法・・・!エルフの凄まじい魔力と相俟って精霊魔法する凌ぐほどに・・・!!)

カイゼルの渦魔法攻撃

フエゴレオン(さらに魔力を流される・・・!!マズイな・・・)

場面は変わり

メレオレオナ「ワハハハハ!!燃やされても突っ込んできおったわ!!やるな糞餓鬼!!」

ヴェット「貴様もなァ!!人間の中にもこれほどの者がいたとはなァァ!!」

 

 

あの生真面目莫迦以来だな・・・!!

場面は戻り

フエゴレオン(フ・・・この理不尽な強さ・・・姉上を思い出すな)

フエゴレオンとメレオレオナの回想シーン

王族ヴァーミリオン家の長女と長男の大ゲンカ

それは後に「焔血の火曜日」と呼ばれた

メレオレオナ(あの時のあの莫迦は滾ったな・・・!!)

ヴェット「恐らく貴様がこの国最強の人間だなー!?」

カイゼル「オマエを倒せば残りの人間など取るに足りんだろう」

 

 

 

 

フエゴレオン・メレオレオナ「あの人ヤツこそ」

 

 

カイゼル(サラマンダーを囮に・・・自分自身の魔力を消して渦の感知を潜り抜け私の懐に!!)

ヴェット(こっちの一撃を無理矢理我慢してその分の魔力を次の一撃に!!)

 

 

真逆に認め合い真っ向奮う!!

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ192「二つの紅蓮の拳」>感想</h2

二つの紅蓮の拳・・・今回はフエゴレオンとメレオレオナでしたね。大喧嘩して街を燃やしちゃうって。これで倒せるのか!?次が楽しみですね♪

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ193「最後の入城者」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ191「突入影の王宮」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す