ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ5「もう一人の新入団者」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ5「もう一人の新入団者」

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ5「もう一人の新入団者」あらすじ・ネタバレ

WS000005

 

 

魔法騎士団『黒の暴牛』の一員になったアスタ

激シブの案内をしてもらう

食堂、大浴場、女共の部屋、そして猛獣の部屋・・・

途中、銀色の髪の少女に会う

今年のもう一人の入団者

アスタ「オレ ハージ村のアスタ!

一緒に切磋琢磨して頑張ろうぜえ~~~~」

少女 「気安く話しかけないで」

ノエル「魔力の乏しい下民の小虫が

私はノエル・シルヴァ

この国の王族よ」

王族に驚愕するアスタだが

アスタ「誰が小虫だァァ~~~~~~!!

オレとオマエは騎士団の同期!

王族だとか関係あるかァァー!!」

ノエル「魔力の差でわからせるしかないようね・・・!」

メガネ先輩に魔法が当たる

ノエル「アナタの立ち位置が悪いのよ」

ドヤ顔

メガネ先輩「王族だか『銀翼の大鷲』団長の

妹だか知らねーが

テメエみてぇなじゃじゃ馬

引き受けてくれるのは

ヤミさんだけだからなァァーーーー!!」

ノエル「こんな団こっちから願い下げよ」

立ち去る

部屋に案内される

 

WS000004

 

アスタ「オレの・・・部屋・・・・・・・!!(感動の涙)

オレ自分の部屋とか無かったんで感動っす

めっちゃキレイにしてやる~~~~」

掃除を始める

ココがオレの城・・・

ここからオレは魔法帝にのし上がるんだーーーー

ユノを思い出す

早朝、トイレの場所がわからず外まで行くアスタ

 

WS000003

 

いきなり魔法が飛んでくる

ノエルが木に的を書いて一人で練習をしている

ノエル「何で思った通りに・・・

当たらないの・・・!?」

周囲から出来損ないと言われて育ったノエル

絶対に認めさせてやるんだからーーー

魔法が暴走

自分の魔法に取り込まれるノエル

ヤミ 「魔法で攻撃しちまうと中のアイツが

ただじゃ済まんな・・・」

魔力を無効化できるヤツとかいればなぁ~って考えてたら

アスタが魔法にやられて飛んできた

ヤミ「ちょっとアレどーにかして来い」

アスタをぶん投げる

ヤミ「今ここで限界を越えろ」

アスタの剣で魔力を真っ二つ

落下するアスタとノエル

そこへ空間魔法”堕天使の抜け穴”

地面へ

ヤミ 「よくやった小僧」

喜ぶアスタそしてノエルに対して

アスタ「なんちゅー魔力持ってんだよ!

すっげぇーな!!

特訓して自在に扱えるよーになれば

オマエ無敵だな!!」

 

WS000002

 

メガネ先輩「オレ達は出来損ない集団『黒の暴牛』だぞ

テメーの欠点ごときどーってこた

ねぇんだよバカタレ」

団員に暖かい言葉をかけられるノエル

アスタと握手する

ノエル「よろしくお願いします」

 

 

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ5「もう一人の新入団者」感想

今回はノエルが中心でしたね。

最初はアスタのボケっぷりというか目にするモノが新鮮な感じで相変わらず面白い。

ノエルは魔力はスゴイけどコントロールができない。

確かにコントロールできたら無敵かもしれませんね。

団員全員打ち解けたみたいで、これからどうなる?『黒の暴牛』

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ6「ゴーゴー初任務」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ4「黒の暴牛」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す