ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ35「最強の男」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

アスタ誘拐!?

 

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ35「最強の男」あらすじ・ネタバレ

ノエル達の目の前からアスタの姿が消えた

移動先の魔力を探ることはできない

そしてミモザはフエゴレンとレオポルドを必死に治療

 

WS000007

 

ミモザ「私の魔法では応急処置が限界です・・・!

もっと高レベルの医療魔法術を施さないと・・・

このままでは・・・」

ノゼル「我々は魔法騎士・・・!

勝たなければ存在する意味は無い・・・」

ソリド「そうだぜ!!これで

紅蓮の獅子王団も形無し」

ノゼル「だがソリド・・・

戦いの場にいなかった我々はそれ以下だ・・・」

これ以上被害がでないように護りを固めようとする

通信魔法を妨害する魔法が散布されて指揮系統が混乱している

ノエル「アスタ・・・!」

場面は変わり白夜の魔眼・・・

???「ラデス・・・!オマエの勝手な行動で

多大な迷惑を被ったぞ・・・!

あの方に気に入られているからと調子に乗るな・・・!」

ラデス「うるせぇ!!被害が出たのはオレのオモチャだ・・・!!

オマエらには関係ねぇだろうが!!」

 

 

WS000006

 

そしてアスタは目を覚まし敵に捕まっている事に気がつく

サリー「目を覚ましたんだね~

キミもキミの魔導書も隅々まで調べられて

実験しまくられて僕の研究の役に立ちたいよね~!?」

アスタはサリーの目つきにやばさを感じる

そしてあの方が待つ方へ移動する白夜の魔眼達・・・

そこへ現れたのは魔法帝・・・ユリウス・ノヴァクロノ!!?

ユリウス「王都はどうだったかな・・・?」

 

WS000005

 

そして、ユリウスの左右にいる魔導士を一瞬で消し飛ばす

 

WS000004

 

ユリウス「死んでもらったよ・・・

流石にこの人数は厳しいからね・・・拘束するのは」

また一人倒し、あまりの魔力の力に残り4人、戦闘態勢をとる

一斉に魔法攻撃をするがユリウスの動きが速すぎて目で追えない

 

WS000003

 

時間拘束魔法”クロノ スタシス”

ユリウス「全員拘束出来たね 思いの外弱ってたかな・・・?

無限に続く一瞬の時を味わうといいよ」

アスタにかかってた魔法がとける

ユリウス「あ やあアスタくん

君とは何だか縁があるみたいだね~」

アスタは魔法帝の圧倒的な力に驚愕する!!

ユリウス「目指しているんだろう?魔法帝」

 

 

WS000002

 

オレが追いかけている・・・最強の男・・・!!

 

 

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ35「最強の男」感想

とうとうアスタは白夜の魔眼に連れ去られてしまいましたね

そして新たにサニーとい実験好きな女の子が登場・・・眼がやばい!

あの方・・・ってのが登場すると思いきや!!魔法帝!?

圧倒的な強さで敵を倒していく!

アスタも解放されて・・・いよいよ王都編が最終局面ですね!

早く次が読みたいです・・・

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ36「光」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ34「手負いの獣」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す