ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ110「セントエルモの火」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2017年25号[2017年5月22日発売]

苦悶!!

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ110「セントエルモの火」あらすじ・ネタバレ

 

WS000010

 

アスタ(この火山の頂上に辿り着くにはもう・・・あの状態になるしか・・・)

メレオレオナ「貴様の頭も噴火しそうだな」

アスタ「・・・そうだ・・・」

 

WS000009

 

メレオレオナ「やっぱり帰っていいぞ」

アスタ(あの時は無意識で発動したんだっけ・・・マグマに飛び込んでみるか!?)

 

WS000008

 

アスタはメレオレオナの言葉「己のことをわかっていない莫迦には・・・」を思い出す

自己分析開始

アスタ(氣・・・!!これだ

 

WS000007

 

アスタ「うぉぉぉぉぉきたぁぁぁぁ!!ん 止まらねぇぇぇ」

場面はレオ達

 

WS000006

 

レオ「こんなヤツ倒せないでは魔法騎士の名が廃る!!」

ノエル「そうよ!やってしまいなさいレオポルド!」

 

WS000005

 

レオ「アスタ!?その姿は・・・!?ってもう行くのか!?」

アスタ「止め方わかんね~都合よく頂上に行ってるけど何に向かって・・・!」

 

WS000004

 

ユノ「アスタ・・・!!」

アスタ「ぶわあああ!!マグマに突っ込む!!」

 

WS000003

 

アスタ「に・・・逃げてくださいぃぃ!!」

メレオレオナ「莫迦者 獅子において狩りをするのは雌だぞ!!」

アスタの顔面を殴るメレオレオナ・・・

 

WS000002

 

メレオレオナ「よし!!それでは温泉に入ることを許す!!服を脱げぇぇぇ!!」

脱衣せよ!!

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ110「セントエルモの火」感想

セントエルモの火・・・アスタが自分の氣をコントロールしてあの状態になりましたね。うーん、カッコイイ!ただ直線的でコントロールできてませんね。さて、次は温泉入浴!?楽しみですね♪

<<<ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ109「ユルティム火山登山道」

>>>ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ111「いざ入浴」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す