ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ107「クローバー王国国王」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2017年21・22号[2017年4月24日発売]

祭り、クライマックス!!

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ107「クローバー王国国王」あらすじ・ネタバレ

 

WS000009

 

アスタ「国王!?どんなヤツなんだ!?」

 

WS000008

 

国王「我が国民達よ御機嫌よう クローバー王国国王A・キーラ・クローバー13世である」

国民「国王様ばんざぁーい・・・」

 

WS000007

 

国王「国王ぞ!?この国で一番偉いのだぞ!?魔法帝なぞより余の方が偉大なのだぞォオ!!」

国民「魔法帝が国王にならないかな」

国民「魔法帝が国王にならないかな」

魔法帝「国王 落ち着いて落ち着いて」

国王「今回は余より皆へ報告がある 白夜の魔眼のアジトを突き止めた!!」

国民「おお・・・!!」

 

WS000006

 

国王「一週間後!!全騎士団員を対象とした試験を行う!!この試験を通過した者のみ王撰騎士団への入団を許可する!!」

 

WS000005

 

国王(フフフ・・・決まったな・・・!)

アスタ「オレ達がすげーと思ってるのは魔法帝や団長達で王様じゃないんだけど

国王「な・・・」

アスタ「オレ魔力ねーからかイマイチわからないんだけど オーラ無いってゆーか器小さそうってゆーか・・・」

ユノ「オイ アスタ空気読め こういう時は本当のことを言ったらダメなんだぞ」

 

WS000004

 

魔法帝「王よ気をお鎮め下さい そしてどうか私に免じて二人を赦して頂きたい」

国王「ぐぬ・・・!」

魔法帝「王撰騎士団・・・私も期待している!!

国民「魔法帝!!」

国民「王撰騎士団バンザーイ!!」

場面が変わって

アスタ「魔法帝すみませんでしたああああ」

魔法帝「凄いといっても君たちはまだ新人だ」

 

WS000003

 

アスタ「はいッッ!!」

さらに場面が変わって

???「レオぉぉぉぉぉ!!」

レオ「は・・・ハイ!」

顔面にパンチ どごしッ

 

WS000002

 

次号、紅蓮の新団長の怒りの業火がアスタへ飛び火!?惨劇が始まる・・・!

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ107「クローバー王国国王」感想

クローバー王国国王・・・やっと登場しましたね!!ぬーんとして威厳なしっ(笑)そして白夜の魔眼討伐に向けて王撰騎士団って!!その前に一波乱ありそうですね。次が楽しみです♪

 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ108「無冠無敗の女獅子」

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ106「ここまで来た」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す