ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ1「少年の誓い」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

週刊少年ジャンプ 2015年12号[2015年02月16日発売]

英雄・・・凱旋!!(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

スポンサーリンク



 

ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ1「少年の誓い」あらすじ・ネタバレ

 

 

ws000011

 

国民「魔法帝が帰って来たぞォー!!」

国民「我らが英雄”魔法帝”バンザーイ!!」

アスタ「いつか魔法帝になってアナタを幸せにしまァァァす!!」

 

ws000010

 

アスタ「まだだあー!!」

シスター「しつこぉーい!!」

アスタ「むぁだだぁぁー」

シスター「きゃあー」

アスタ「勝負だユノぉぉぉぉ!!」

ユノ「イヤだ」

アスタ「くらえ必殺ぅぅァァ」

ユノ「だってオマエ 魔法使えないんだから」

アスタ「仕方ない・・・オレのとっておきを見せてやろう・・・」

子供「ユノ兄とアスタ 同じ年でこうも違うかね~」

オレとユノは同じ日にこの教会に捨てられていた それからずっと一緒に同じような時間を生きて来たのに・・・

場面は変わり・・・アスタ逆立ち片腕立中

アスタ「・・・997・・・998・・・999・・・1000・・・ここで魔力増強に良いとされるモグロ葉の汁投入ーっ!」

 

ws000009

 

3月 蛍タンポポの綿毛舞う頃 年に一度全国各地でその年 齢15になる者達を集めて持ち主の魔力を高める”魔導書”の授与式が行われる

 

ws000008

 

アスタ「魔導書が来ないんスけど」

塔主「・・・えー・・・また来年」

一方ユノは・・・

四つ葉のクローバー・・・!?

ユノ「オレは魔法帝になる」

全員「うぉおおおぉお すげぇー」

アスタ「・・・ユノ・・・オレはオマエのライバルだからな!!」

ユノ「・・・ありえねー・・・!」

???「こんなチンケなとこで・・・とんでもねーモンが出やがったよ・・・」

場面は変わり塔の前・・・

ユノ「・・・」

 

ws000007

 

ユノ「何だ・・・?オマエは・・・」

レプチ「少し前までは魔法騎士団で”鎖魔法のレプチ”として多少名を知られてたんだがね・・・」

レプチ「四つ葉の魔導書は闇のコレクターにとんでもない高値がつけられてる・・・!」

アスタ「待てぇー何してんだこの盗人め!!」

レプチ「オマエなんぞが相手になるワケ無いだろうが!!」

アスタ「まだだァァ!!」

レプチ「いや・・・終わりだよ・・・!!”鎖蛇の舞!」

 

ws000006

 

レプチ「オマエはこの世界じゃなァ~んも出来やしない 何もかも諦めな生まれながらの負け犬くん・・・!!」

ユノ「・・・オイ 誰が負け犬だ・・・!そいつは・・・アスタはオレのライバルだ」

 

ws000005

 

アスタ「今 コイツを倒す・・・」

するとアスタの目の前に魔導書が!?

 

ws000004

 

レプチは魔導書を見ながら・・・クローバーの葉にはそれぞれ”誠実””希望””愛”が秘められている 四枚目の葉には”幸運”が宿る 五枚目には

 

ws000003

 

レプチ「・・・な・・・何なんだそれはァー!?魔力の無いクズがァアアアー!!」

魔力の無いアスタだから手に出来た反魔法の魔導書

 

ws000002

 

ユノ「この借りはいつか必ず返す・・・!約束・・・憶えてるか?」

アスタ「ユノこそ憶えてたのかよ」

 

ws000001

 

重なる拳に重なる思い・・頂点目指して走り出せ・・・アスタ!

スポンサーリンク



ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ1「少年の誓い」感想

少年の誓い・・・新連載スタート!王道魔法ファンタジーが始まりましたね。少年の誓い、アスタとユノは魔法帝になる!!果たしてそこまでにどんな試練があるのでしょうか?アスタはアホキャラでユノはクールですね。

>>>ブラッククローバー(ネタバレ・あらすじ・感想)ページ2「魔法騎士団入団試験」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す